peopaoのブログ

妊活を辞めた時に、夫から子供がいないなら離婚したい。と言われ、それから、離婚だけは嫌と思う日々。 先日、それって、精神的DV、共依存だよ。と言われ驚いています。

1ヶ月ぶりの診療内科

1ヶ月ぶりの心療内科受診


早めに職場を出たのに

カウンセリング室に 病人が寝ていて、

始まりが10分遅れた


家に帰る時間が10分遅れてしまうと

気が気ではなかった


その上、カウンセリング後の診察が

5時過ぎたからか、混んでいて

もっと遅れてしまいそうで、胃が痛くなる


→この時間の追われ方、異常





さて、この1ヶ月のメインは

就職活動


終わってみれば

たいした面接ではなかったけど


かなり準備して、緊張していた


内定を頂いてからは


今 働いている職場で、上司に報告したら、退職日を決めるのに、超 威圧的に怖かった

この人、こんなに怖い人だったんたーと

驚いた

結局、私が折れた




と、カウンセラーさんに いろいろ話した。



しかし、本日


私が事象を話している時は、

冷静というか

ユーモア交え、余裕を持って話したので


この調子で、対応できて入れば

問題ないようですが


と言われた



いやいや


本番は、全然 上手く話せていないし

ガチガチで、雰囲気が悪くて大変なんです

切羽詰まって話してる


と、話した



本当にそうなんです。



言いたいことを、我慢せずに


切羽詰まらずに、余裕を持って伝えたい

話し合い

今日は、朝から

義母に話しがありますと

これからのことを相談した


義母は、2人で話していても

仕方ないと


途中で、夫を含めて3人で話した


結局、


4ヶ月の新しい仕事をやっていいことになり、

そのあと、わたしは、家に入ることになり、義母は引退することになった



どうも 腑に落ちない



わたしが家に入っても

五年で廃業するなら、

それからの生活はどうするのか?


わたしの懸念事項はスルーされた


義母の思う通りに


しかし、

まずは、外に働きに行くことが先決かなと思い

それ以上は、話を続けなかった


また、仕事が決まってから話さなくてはいけない




夫は、わたしに 義母の仕事を覚えて欲しくて


義母は、わたしに 夫に仕事を覚えて欲しかったらしい


義母は、夫が平日にゴルフに行っても、仕事で困らないようにしたかったらしい

どこまでも息子思いだ

今日まで、知らなかった


そして、現時点でわたしの知らない仕事は少ないこともも分かった



結婚当初、夫も義母も、仕事をやりたいタイプでは無いから、責任感の強い しっかり者の わたしに仕事を押し付ける、

大変になるから 気をつけて と、言われていた



どっちにしろ、

わたしに やってほしいなら


少しは 大切にしてほしい


少なくとも、

無言で 怒ったまま、何日も過ごすことはしないで

あと、威張るな


と言った


義母は、義父と同じだと息子をかばった



夫は 自分は 社長だから偉いんだ


と、言ったので


社長なら社員が、

気持ちよく働ける環境をつくって


と言い返した



夫と一緒に働くことは わたしの精神的に可能なのか?


もし働いても、5年後に廃棄した後はどうするのか?


年齢的に、5年のブランクで 雇ってくれる職場がない気がしている

今回は、易々と仕事を辞める気は無い

このまま、出て行ってもいい



と、思っているのに

なんか、家に入ることになってしまった



義母から


paoさんも

嫁いだからは、家業を手伝うつもりでしょ?


と言われ、言い返せなかった


いや、廃業になるとは聞いてなかったし


まぁ、思ってもいなかっただろうけど

転職活動で動きがありました

いま、パートで働いていますが

転職を考えています


スキルアップに、良い職場を紹介されました

少し心が踊り、行ってみたいと思いました


そこは、春まで、新人さんが入るまでの期限付きです。


いま、週4で働いていますが

週5になります

数ヶ月だけ


その話を、夫に相談したら


おまえは、

はじめから、家の仕事を全くやる気がない


やりたくないなら、やりたくないと言え


いつも、ファイルを見てパソコン作業をして、覚える気もない


これからの事をどう思っているのか?


自分のことしか考えていない

わがままだ



と、言われました



夫からは、以前に

家業は傾いているので、あと5年で廃業と言われていました


そのあとは、私に 外で働けと言われています




私は、スキルアップのため

数ヶ月、週5で働きたいというのは、

わがまま じゃないなと、思いました


自身のスキルを諦めて

家業を夫と共にやっていこう、と思っていた時期もありました


しかし、それは、叶わなかった

あと五年で、廃業すると言われました



家業の経営について、

私には状況は話すつもりはないそうです

でも、廃業のあとは、私に働けと言います



離婚は、いろいろなものを失いますが、

今のままでも、いろいろなものを失いそうです


どっちにしろ、

たくさん失います


また、状況もいろいろ 変化して行くでしょう


自分らしくいられる方を選んで ゆきたいです